284【質問回答】小1コーヒー屋のハードルは家族の理解&マッサージ屋も開業してた🤣

お金は包丁と同じ

正しく使えば人のためになるし
誤った使い方をすれば人を傷つけることにもなる

今思えば当初は
5歳だった長男がコーヒーをいれてお金を取るという行為に対して
じいじばあばの理解が得られなかったことを思い出しました

今はきっちり対話も重ねて

「子どもたちに正しいお金の扱い方を学んでもらうための教育の一環」

という理念を理解して家族みんなで小さな起業家さんの利益の積み上げに貢献してもらってます🤭

↓スタエフ本編はこちら↓

#284 小1コーヒー屋のハードルは家族の理解&マッサージ屋も開業してた🤣 - 🔥元消防士の不動産投資と子育て応援チャンネルin京都 | stand.fm
コーヒー屋さんを参考にしたnote 小1起業家 1月27日(土)青木ゆか氏 英語学習とうんこ哲学10時-17時まで丸一日 元気が出る大家の会DAO❤️‍🔥Discordの入会リンクはこちら👇 私が主催する「元気が出る大家の会DAO」の概要について ・運用形態 Discordによる運
要約

7歳の息子がコーヒー店を開業した経験について、家族や顧客からの反応、物理的な課題、運営上の工夫などに焦点を当てて話しています。
息子はコーヒー店を1年10ヶ月間営業し、これまでに2万4000円の利益を出しています。
家族からはお金にがめついていると言われることもありますが、店主はお金の教育の機会と捉えています。
また、息子はマッサージ屋も併設して家族にサービスを提供しているそうです。

コーヒー店開業の経緯

7歳の息子が2022年3月からコーヒー店を開業し、1年10ヶ月間で2万4000円の利益を出している。
当初は粉からスタートしたが、途中で豆を挽く機械を購入するなど設備投資も行っている。

家族や顧客からの反応

家族からはお金を取ることへの違和感が示されることがあった。
店主はお金の教育の好機と捉えて対応している。
顧客からは味について好評価を得ている。

物理的な課題と工夫

当初は湯沸かしのポットが重くて扱いづらかったが、小さいポットに変更するなどの対応を行った。
また、こぼれるなどの失敗もあったが、現在はほとんどない。

マッサージ屋の併設

息子はコーヒー店に加え、マッサージ屋も開業し、家族に100円で10分のマッサージを提供している。実際には20分サービスを行うなど、顧客満足度の高いサービスを心がけている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました