仕事の辞め方 鈴木おさむ📚アウトプット読書術


要約

人気放送作家の鈴木おさむさんの新刊本「仕事辞めます」についての書評です。
鈴木さんは自分のキャリアを振り返り、ソフト老害にならないこと、夢を応援してくれる仲間を持つこと、大切な人に先に辞めることを伝えることなど、仕事を辞めるにあたって大切なことを語っています。
また、幸せとは何かを自分で定義することが重要だと述べています。
鈴木さんは新しいチャレンジに向け、「後悔なし」と決意を新たにしていると締めくくっています。

ソフト老害になるな

自分の意見を押し付けることで、若手のアイデアを封じてしまう「ソフト老害」。
鈴木さんも過去にそうした経験があったという。
会社や後輩のために全力で向き合おうとする姿勢が大切だと語る。

夢を応援してくれる仲間

鈴木さんが放送作家を志した時、友人に笑われた経験がある。
しかし別の友人は応援してくれた。
夢を笑う人は本当の友人ではない。
夢を応援し合える仲間が大切だと述べる。

大切な人に先に伝える

鈴木さんは仕事を辞めると決意した時、最初に伝えたのが妻の大島美幸さんだった。
大島さんは応援の言葉をかけてくれた。
大事な決断をする前に、大切な人に伝えることが大切だと語る。

迷惑をかけない辞め方

自分が辞めることで仕事がなくなる人もいることを自覚し、一言のお詫びの言葉をかけることがスムーズな辞め方につながると述べる。

幸せの定義

幸せとは人によって異なる。
自分で定義することが大切。
笑顔になれる瞬間を想像し、必要とするものを考えることから幸せの定義を見出そうと語る。

行動項目

自分が「ソフト老害」になっていないか振り返る。
夢を応援し合える仲間を増やす。
大切な決断をする前に、大切な人に伝える。
辞めるときは一言のお詫びを忘れずに。
笑顔を想像し、幸せの定義を考える。

↓スタエフ本編はこちら↓

仕事の辞め方 鈴木おさむ📚アウトプット読書術 - 🔥元消防士の不動産投資と子育て応援チャンネル&読書in京都 | stand.fm
不動産投資と子育て応援のサブチャンネルとして「アウトプット読書術」というテーマで発信させていただきます。 これは私バーニング大家が20分間で要点拾い読みした本の概要を10分間でアウトプットするという、自分の知識の定着のために行う自己満足の発信となります🤗 そのため読み飛ばしや論点のズレ、筆者の主張の真偽などのご

コメント

タイトルとURLをコピーしました